天然水とRO水の違いを超分りやすく解説!赤ちゃんにはRO水が良いって本当?

天然水とRO水の違いを分りやすく解説。赤ちゃんに安全なのはRO水?衛生的なのはどっち?

ウォーターサーバーのお水の種類は2種類あります。天然水(ナチュラルミネラルウォーター)とRO水です。この2つを分りやすく図で説明すると、

一般的な天然水とRO水の違い

こんな感じになります。本当はどちらも、もっと複雑で綿密な処理をしてますが、本当に簡単に言ってしまえば、

天然水 お水本来のミネラル成分をそのまま維持している
RO水 成分を全部除去した後に人工的にミネラルを注入

となります。

ですが例えばRO水でも、上の図にあるRO膜を通過する前に、活性炭フィルター中空糸膜といった「ろ過装置」を通過したりして、本当はもっと色々複雑な流れを踏みます。

ただ、そこまで複雑にまとめてもあまり意味がないように思いますから、ここでは簡単なイメージ図にしてみました。

赤ちゃんに最適な水はやっぱりRO水!!

赤ちゃんが口にするお水としては、やはりRO水が最適です。

ただし、一般的に言われている『安全・衛生的だから。』という理由については、個人的にはあまり説得力が無いと思います。

天然水も十分に安全な水だからです。この天然水とRO水の安全性・衛生面については後ほど紹介します。

RO水は母乳に近いミネラルの量に調整されている

RO水が赤ちゃんのミルクなどの水として適している最大の理由は、母乳に含まれているミネラル成分のバランスに限りなく近づけて調整されているからです。

ミネラルが多量に含まれていると、特に新生児はミネラルを消化できず、胃腸への負担が重くなってしまうのです。

やはり可能であれば母乳が良いと思います。

でも無理な方は水道水や普通のペットボトルの水などを沸騰させて(湯冷ましして)ミルクを作ったりしていることでしょう。

そういった手間の面も考えれば、RO水は赤ちゃん用の水として色々と販売されている水の中でも、一番最適な水だと言えます。

どちらが?と言われればRO水の方が衛生的

絶対に優劣をつけなくてはならないとしたら、一般的にはRO水の方が安全と言って良さそうです。

例えばクリクラはRO水を扱っていますが、上でも説明したように、その製造過程で登場するRO膜というフィルターが、凄い「ろ過能力」を持っていることが、クリクラ工場見学で分かりました。

RO膜フィルターの水を通す穴は超超微細、その小ささはなんと!0.0001ミクロンという単位です。

0.0001ミクロンというのは「1/1000万mm」です。例えると人間の髪の毛の1000万分の1という細さです。もはや穴なんて開いてる?というレベルです。

この超超細い穴に圧力かけて水をろ過する事で、菌、ウィルス、カルキ臭、濁り、雑味、化学物質、不純物などを、ほぼ全てキレイに除去する事ができるのです。

そして、このろ過した水をピュアウォーター(純粋)と言います。

ただし、上の図でもあるように、その過程でミネラル成分も除去してしまうため、このピュアウォーターにクリクラ独自のバランスでミネラルを配合します。

クリクラ水(RO水)のミネラル成分配合

元素記号 名称 含有率
(1Lあたり)
Ca カルシウム 6.6mg/L
Mg マグネシウム 3.3mg/L
Na ナトリウム 5.0mg/L
K カリウム 1.7mg/L

こうしてピュアウォーターにミネラル成分を人工的に注入しボトリングしたものがRO水というわけです。

天然水はミネラル成分をそのままに最低限の処理で

対して天然水(ナチュラルミネラルウォーター)は、全国にある水源より採水された地下水のことをいいます。

天然って言うと、まったく何もしないそのままの状態で飲み水になっていると想像する方も居るかと思いますが、やはり体内に入れるもの。最低限の処理はしています。

RO膜の微細さには劣りますが、フィルターによるろ過、そして沈殿加熱殺菌などを行っています。

因みに、ウォーターサーバーのお水として売られている天然水の採水地は、身体に良い成分が含まれた水質のとても良い地域が厳選されています。

富士山の水は、ウォーターサーバー各社の採水地となっている。

そして、自然によって何百年もかけてろ過された水なので、元々がきれいな水なのです。

結局、日本で商品化されている天然水もRO水も、どちらも高水準で安全&衛生的だと言っていいと思います。

フレシャス…富士山のバナジウムを含んだ豊富な天然ミネラル

ただ、どちらが安全か?衛生的か?という二択になれば、それはどちらかを選ばないといけないので、RO水という答えになります。

人間は天然水の方が美味しいと感じる

美味しいというのは主観に左右されるので難しいのですが、個人的にはやはり天然水の方が美味しいと感じました。

なぜかというと、天然水の方がRO水と比べてミネラルが含まれている量が多いからです。ミネラルは水の美味しさには欠かせない成分です。

実は、人間が『この水美味しい。』と感じる成分の量やバランスというのは、ある程度基準があります。

厚生労働省から水質基準等と「おいしい水」の要件等の水質目標(案) こういった「おいしさの基準」がまとめられていたりします。

これを見る限り、天然水の方がこの要件を満たしている事が多いです。ですから天然水≒美味しいという事になるのです。

RO水は言ってみれば、カラっとしたクセのない味ですね。

美味しいと感じるお水は人それぞれ

身も蓋もない話になってしまいますが、最終的に美味しい感覚って人それぞれですよね。味覚は人によって違うので当然です。

RO水のクセのないスッキリした感じのほうが美味しいと思う人も居ます。実際に私の知人で何人か居ました。

『じゃあ実際に飲み比べてみないと美味しい水なんて分からない。』

という話にもなりますが、私のようにこういったウォーターサーバーのレビューサイトをやって沢山色々なお水を飲む機会が無い方は難しいと思います。

ですから、やはり何か指標があると良いと思いまして、成分からある程度分かる、おおよその方が美味しいと感じるお水ランキングを作ってみました。

参考になれば幸いです。

以上、RO水と天然水の違いの話でした。

関連記事あります
清水さん家のウォーターサーバー生活 HOMEに戻る