フレシャス サイフォンの口コミ・感想・レビュー

お水パックが軽くて取替えが楽。飲んだ後パックのゴミが手のひらサイズで済むのは凄いアイディア

フレシャスキャッシュバックキャンペーン&Wチャンスキャンペーン
フレシャス サイフォン - SIPHONの公式サイトはコチラです

使ってみて分かった!! フレシャス サイフォン めぐみ&まりこの本音の口コミ

フレシャス サイフォンのココが良かった!評判通り?

お水がパックになっていて凄く扱いやすい!軽くて取替えるのが楽!!

富士山の銘水「フレシャス富士」

フレシャスって、普通のウォーターサーバーにあるようなでっかいボトルじゃなくて、ウォーターパックって呼ぶビニールパックにお水が入ってます。ひと箱注文すると↑こんな感じで届きます。

ダンボールを開けるとパックが4つ、縦に重なって入ってます。ひとつ7.2リットル(kg)。一般的な普通のボトルだと12リットル(kg)だから、それに比べて約5kgも軽いです。

この重さの差はかなり違います。かなり軽くて持ち上げやすいです。

ウォーターパックはこんな感じ。

これで1パックです。最初は『こんなビニールみたいなので破れちゃうんじゃない?』って思ったけど、そこは当然しっかり作られてて、全然破れたりってのは無かったです。

ウォーターパックのゴミ捨ては凄く楽です!超コンパクトに折りたためます。

ウォーターパックを使い切ると、こんな風にしぼんでいる。

お水を使い切ると、ウォーターパックはこんな風にしぼんだ状態になってますが、出してキレイに折って縛れば…、

フレシャスのウォーターパックはゴミ捨てが超らく!

ほらすごい!!こんな小さくなります!これはほんとイイと思います。あとは普通にプラごみで捨てればいいだけなのも本当に楽で嬉しいです。他のボトルだと分解して分別しないといけないものがほとんどなので。

スイッチひとつでエコモード節電&サーバーを清潔に保つ機能がある。

「CLEAN S/W」サーバー本体の裏側にあるクリーンボタン

フレシャスはサーバー本体の裏側にあるECOスイッチでエコモードにして節電できたり、クリーンボタンでウォターサーバー内部をキレイにしてくれたりと、機能面が充実しています。

フレシャス サイフォンのサーバー背面にある3つのボタンとその便利な機能
HOTスイッチ ECOスイッチ クリーンボタン
HOT S/W ECO S/W CLEAN S/W
HOTスイッチ ECOスイッチ クリーンボタン
スイッチONで温水を作り、OFFで暖め解除となります。常にONを推奨します。 部屋の明るさに合わせて光センサーが感知し、夜間は自動的に節電モードになります。HOTスイッチをONにし、さらにECOスイッチをONにすると、HOTランプがオレンジ色に点灯します。 サーバー内をクリーニングします。

ECOスイッチをONにしておくと、部屋の明るい暗いをセンサーが感知して、自動で温水にするための電力をON/OFFしてくれるので、上手に活用するとかなりの節電になります。

ウチでは夜はしっかり暗くなる部屋にサーバー設置しました。この機能は絶対に活用した方がいいですよ。月の電気代が200円位安くなりました。

因みにエコモードでお湯の温度が下がった状態から、また温めるのには30分くらい時間がかかりますので注意です。

フレシャス サイフォンのココがイマイチだった…。良くないと思ったところ

ウォーターパックのお水の交換がちょっと面倒かも…。

アタッチメント取付方法とアタッチメント取外方法

サイフォンはアタッチメントってやつを使ってセットするんですが、他のサーバーに比べてこれはちょっと面倒でした。最初の2、3回はやる度に↑の方法を見てやりましたが慣れれば大丈夫だと思います。

フレシャスのウォーターパックの取り替え方法と手順を紹介
ウォーターパックを使い切ると、こんな感じでしぼんでます。

ウォーターパックの交換方法ですが、とりあえず全部飲みきってフタを空けると、こんな風にウォーターパックがしぼんでるので、

ウォーターパックの交換方法の手順

①. 上の水色の部分を、15回位シュッシュッシュッって強めに押して、まずはパック内に残ってるお水を吸い上げます。

次にアタッチメントを外しますが、②. まず水色のレバーをカチっと回して…、③. 上の白いツバと水色のレバーをぐっと挟んでガチっとすると、ロックが外れます。

④. あとは横にスッとずらせばアタッチメントが外れます。アタッチメントは上のフタの所に引っ掛けておけるようになっています。

そしたら新しいウォーターパックをセットするという流れです。

新しいウォーターパックのセット手順

ここからはさっきと逆。①. ウォーターパックをセットして…、②. リングのシールをはがして、③. 横からアタッチメントをはめ込んで、④. 水色のレバー下げて、ニードルがパックに刺さったのを確認したら、反時計周りにカチッと回して、15回くらいシュッシュシュッシュします。

あとはコップを用意して、冷水と温水の口からちゃんとお水が出ればOK。どでしょう?面倒ですか?慣れれば簡単だとは思います。

説明書を読んだりすると『お湯やお水が上手く出ない場合は、もう一度しっかりセットされているか確認して下さい。』

とか、『ニードルがしっかりお水のパックに入っているか確認して下さい。』って書いてあって、色々チェックするも少し手間だし、ニードル自体も『ケガの恐れあり』なんて書いてあって、最初はちょっと怖かったし、油断できないとは思います…。

こんにちはーめぐみさん。私もサイフォン使ってたから良く分かるよコレ。最初はちょっと面倒だと思った…。

でも3、4回位交換すれば慣れるし、説明書通りにアタッメントを扱っていればニードルそのものに触れることは無いから安全だよね。

あ、まりこさん!うん、確かにそうだね、慣れちゃえばね。パックの交換も慣れれば3分も掛からないし。他の普通のウォーターサーバーに比べればって感じかな。

私自身が面倒くさがりっていう性格もあると思うし。(笑)

私は最初の時以外は全然面倒だと思わなかったからソレあるかもね。(笑)めぐみさん結構色々大ざっぱだし。(笑)

あ…。でもほら!あと…、ウチはまだ子供が小さいし、旦那も昼間は仕事だし使う量が少ないから。あまりすぐ取替えたりってならないってのもあるからじゃない?めぐみさん家はみんなで飲むでしょ?

お水を交換するタイミングが早いのも、面倒だと感じる理由の一つかも…。

そう。ウチ、飲む人数多いからね。フレシャスは1つのウォーターパックで7.2リットルだから、普通のガロンボトルなどの12リットルよりも無くなるの早くてすぐ交換ってなっちゃうかな…。

それだとホントすぐに無くなっちゃうね。私ん家の場合子供居るけどまだ小さいし、旦那さんと2人で仕事帰りも遅いでしょ?だから全然減りが遅いからね。ウチの場合は2週間に1回のペースかな、交換。

だから全然面倒には感じないかな~。

器具の掃除がちょっと面倒かも…。

お水のボトルをサーバーの下に設置できるから楽♪

アタッチメントのセットが面倒…って話をしましたが、この器具の掃除もちょっと面倒だと感じました。

こんな感じで水を流すホース?みたいな棒を外して、キュポって取って分解して水洗いするんだけど、やっぱり私は面倒くさがりなので。

フレシャス サイフォンの評価!!

サイフォンはやっぱりウォーターパックが軽い!っていうのが一番良いところだと思いました。あと自動エコモードは上手く置き場所とか考えてやれば凄く節電になるので嬉しかったです。

正直ウチの場合、人数が多くて沢山飲むから取り替える回数は多くなるし、アタッチメントの掃除とかは面倒に感じました…。でも逆に考えると、常に清潔に保つよう意識が高くなりますね。

ただ、まりこさん家水上まりこみたいに使う量が少ない場合とか、オシャレな感じのがいいって人にはホントベストだと思いました!かなり人気で売れ筋みたいですし、素直におすすめできる一台だと思います。

フレシャス サイフォンの商品情報

各料金(税込価格)
天然水の料金
(ウォーターパック)
フレシャス富士1箱…7.2L×4パック 4,668円
500ml換算 81円
フレシャス木曽1箱…7.2L×4パック 4,732円
500ml換算 82円
サーバーレンタル代 - 無料
サーバーメンテナンス代 - 無料
初回費用 - なし
送料 - 無料
電気代 月の平均 680円
解約金 2年以内 9,720円
1ヶ月のコスト
(電気代除くおおよそ)
24L消費で 3,936円
チェックポイント
配送地域 沖縄及び離島など一部地域を除くすべての地域
注文単位 1箱(4パック28.8L)~
配送方法 ワンウェイ(使いきり)
支払方法 クレジットカード/代金引換(代引手数料324円

しずくんの買いポイントおさらい

フレシャスは見て通りスタイリッシュでオシャレという印象がありますね。インテリアとして置いておける感じですね。

他の一般的な床置タイプでは通常、12Lのボトルが使用されますが、サイフォン の場合、7.2Lのパックになっているので、水のパック交換とゴミ捨てが楽です。

ウォーターパックは使用後、畳むと39g!

機能面では、自動クリーニング機能光センサー搭載のエコモードなど、便利な機能を搭載しています。

1人暮らしなど、お水の消費量が少ない方や、主にコーヒーのお湯用として使う場合などは、このオシャレさをめいっぱい楽しむことができると思いますよ☆

フレシャス サイフォン - SIPHONの公式サイトはコチラです
清水さん家のウォーターサーバー生活 HOMEに戻る