ウォーターサーバー 1ヶ月の電気代は月いくら位?高い?比較してみた

ウォーターサーバー 1ヶ月の電気代はどれが安い?人気20モデルで比較!節約ポイントも紹介!

(金)更新

めぐみです。そういえば、ここ数年で発売された割と新し目のウォーターサーバーの電気代って、昔のものに比べてかなり安くなっている印象があります。

昔のウォーターサーバーは、モデルによっては1,000円以上あって『電気代けっこう高いな~バカにならないな~。』と思っていたんですが、最近の省エネサーバーやエコモード搭載のサーバーは500円以下という安いものが結構あります。

気になった時がタイミング。折角だから徹底的に調べてみました。当サイトで厳選しているおすすめ業者プラスアルファで、全20モデルの電気代を表にして一覧比較してみました。

人気ウォーターサーバー1ヶ月の電気代を比較

クリクラ 1ヶ月の電気代比較

商品名 ひと月の消費量 1ヶ月の電気代
(目安)
クリクラサーバーL、クリクラサーバーSクリクラサーバーL
クリクラサーバーS
ボトル4本
(48L)
1,150円
クリクラ省エネサーバーL、クリクラ省エネサーバーS省エネサーバーL
省エネサーバーS
535円
クリクラミオ(CreClaMio)クリクラミオ ボトル3本
(24L)
700円
※1,150円は公式サイトの1,000~1,300円の間を取ってます。

フレシャス 1ヶ月の電気代比較

商品名 ひと月の消費量 1ヶ月の電気代
(目安)
dewo - デュオdewo - デュオ - 330円
dewo mini - デュオ ミニdewo mini - デュオ ミニ 490円
Slat - スラットSlat - スラット 380円
SIPHON - サイフォンSIPHON - サイフォン 680円
※エコモードがあるサーバーはエコモード使用時の電気代となります。

コスモウォーター 1ヶ月の電気代比較

商品名 ひと月の消費量 1ヶ月の電気代
(目安)
smartプラス smartプラス ボトル2本
(24L)
465円
スタイルセレクトウォーターサーバースタイルセレクト
ウォーターサーバー
705円
※エコモードがあるサーバーはエコモード使用時の電気代となります。

プレミアムウォーター 1ヶ月の電気代比較

商品名 ひと月の消費量 1ヶ月の電気代
(目安)
スリムサーバーⅢ スリムサーバーⅢ ボトル2本
(24L)
504円
amadana スタンダードサーバーamadana スタンダードサーバー 900円
cado × PREMIUM WATERcado × PREMIUM WATER 504円
amadana - アマダナamadana - アマダナ 900円
※900円という金額は公式サイト表記の800~1,000円の間を取ってます。
※エコモードがあるサーバーはエコモード使用時の電気代となります。

サントリー天然水ウォーターサーバー 1ヶ月の電気代

商品名 ひと月の消費量 1ヶ月の電気代目安
(目安)
南アルプスの天然水ウォーターサーバーサントリー天然水
ウォーターサーバー
3本箱
(23.4L)
990円

アルピナウォーター 1ヶ月の電気代

商品名 ひと月の消費量 1ヶ月の電気代
(目安)
アルピナウォーターサーバーアルピナウォーターサーバー ボトル2本
(24L)
1,000円

アクアクララ 1ヶ月の電気代比較

商品名 ひと月の消費量 1ヶ月の電気代
(目安)
アクアアドバンスアクアアドバンス - 350円
アクアスリムアクアスリム 700円
アクアスリム Sアクアスリム S 1,000円

うるのん 1ヶ月の電気代比較

商品名 ひと月の消費量 1ヶ月の電気代
(目安)
Grande - グランデ Grande - グランデ ボトル4本
(48L)
480円
スタンダードサーバースタンダードサーバー 1,000円

以上となります。自分が気になるモデルの確実な情報については、お手数ですが、各公式サイトにてチェックして欲しいと思います。

電気代が安いウォーターサーバーランキング

ランキング1位 ランキング2位 ランキング3位
フレシャス dewo アクアアドバンス フレシャス Slat
1ヶ月の電気代目安
330円 350円 380円
天然水 RO水 天然水

という結果になりました。

ベスト3のウォーターサーバーは電気代が400円以下という安さです。この中で私がおすすめしたいのはフレシャスデュオですね。使用状況に応じてモードを切り替えられる柔軟な機能がある所が良いですね。

フレシャスデュオはフレシャスで扱っている全ウォーターサーバー商品の中でも人気No.1です。

フレシャス公式サイトのランキングでは、1位…デュオ(スカイグレー)、2位…スラット(マットブラック)、3位…デュオミニ(カッパーブラウン)の順でした。

人気20モデルの1ヶ月の電気代平均

ちなみに、今回まとめた人気サーバー会社9社とそのモデル20モデルの、1ヶ月の電気代の平均額は…、

人気のウォーターサーバー全20モデルの電気代の平均は、688円。

となりました。

なるほどー。私がウォーターサーバーを使い出した数年前って、ネットで調べると『ウォーターサーバーの電気代は月1,000円です。』って情報が一般的だったんですが、今後は月500円って感じになっていきそうですね。

電気代が最も高いウォーターサーバーは1,150円クリクラサーバーLとS、そして一番電気代が安いのはフレシャスdewo(デュオ)330円になります。これは本当に安いですね。

フレシャス デュオ - dewoは、2014年10月に登場したデザイン重視のエコモデルです。フレシャスはどれも安いですね。

他社でも最新モデルは総じて電気代が安いですから、これから先、電気代についてはあまり比較要素にならない時代になっていくかもしれません。

ウォーターサーバーはお湯(温水)もキープしておけるので、電気ポットなどの月々の電気代やお湯を沸かす手間などを考えると、

ウォーターサーバーの電気代だけを気にして高いと考えるよりも、トータルでの月々の電気代は安くなる場合もあると考えた方が良いかもしれません。

実際に測定した電気代はもうちょっと安かったです

因みに、上にまとめた電気代というのは、業者によって測定基準が異なっていますから、本当にあくまで目安として見た方が良さそうです。公式サイトでも必ず『あくまで目安です。』と注意書きがあります。

使用状況や季節にも左右されるものなので、本当に分からないというのが各社の本音なのだと思います。

実際にこの表をまとめるにあたって、お水の消費量の単位を統一したくて、電気代について何社かに詳しく問い合わせてみたのですが、やはり明確に答えを返してはくれませんでした。

実際に自分でワットモニターで計測してみた結果

ワットモニターでウォーターサーバーの電気代を測定。

また、これはウチでの話ですが、実際に測定器を使って月の電気代を測ってみた結果、ほとんどサーバーで公式サイトの目安よりも安く済みました。

電気代というのは気になるコストではありますが、こういったバラツキがあるので、個人的にはランニングコストとして計算に入れるのが難しい項目だと思いました。

大雑把に計算するなら、電気代は月500~600円くらいプラスという感じで良いかもしれませんね。

ウォーターサーバーの電気代を節約するには

ウォーターサーバーの電気代の節約についてまとめてみたいと思います。

まず初めに注意なんですが、ウォーターサーバーの電源コンセントは、使わない時でも基本抜いたりしてはいけません。常にコンセントは挿しておきます。これは衛生面での理由からです。

ですから電気代の節約を考える場合「電源がONになっている状態」で節約を考える事になります。

そうすると、この条件で電気代の節約をするにはエコモード、SLEEP機能、温水をOFF機能があるサーバーを選ぶのがおすすめです。

エコモードで電気代節約とその効果は?

寝ている時や買い物に出掛ける時など、ウォーターサーバーを長時間使わない時が1日の内に何回かあるので、この間はエコモードにして消費電力を減らす事ができます。

エコモードにも色々あるのですが、大きく分けると、エコモードボタンを押して使用する手動タイプと、光センサーで暗闇を感知し、自動でエコモードになってくれる自動タイプがあります。

便利なのは光センサーで自動でエコモードになるタイプです。やっぱり何かと忘れる時があるので、夜寝る時、部屋を暗くすれば確実にエコモードになってくれるのはありがたいです。

光センサーで自動でエコモード(省エネ)になってくれる、フレシャス サイフォンやクリティア スリムサーバーⅢなど。重宝します!

実際に光センサータイプのウォーターサーバーを使ってみましたが、感度が良くてとても便利でした。節電に大きく貢献してくれました。

エコモードは上手に活用すると、通常使用に比べて20~30%位の節電効果が期待できます。

温水(お湯)OFF機能があるサーバーはさらに節電

温水OFFが出来る場合も大きな節電効果が期待できます。

ウォーターサーバーは基本電源を入れておくと、冷水も温水も常に設定した温度を保つようになっていますが、中に温水機能をOFFにできるサーバーがあります。

背面に温水のON/OFFボタン、SLEEPボタンがあるフレシャス デュオ

これはフレシャス デュオの背面にあるHOTスイッチですが、このスイッチをOFFにすると、なんと!普通に使う時と比べて、ひと月の電気代が70%も安くなります!

因みにフレシャス デュオは冷水もOFFにできます。冷温水両方OFFの機能は、他のサーバーに中々ないのでポイント高しです。

HOTスイッチ、COLDスイッチ、SLEEP機能、そしてECOボタン(これは光センサーではなく手動)と、電気代節約のための機能が至れり尽くせりなんです。なるほど納得の330円ですね。

実際ウチでは月の電気代を224円に抑える事ができました。

ウォーターサーバーはお湯の温度を保つための電力消費量がメインなので節電の一番大きなポイントなんですね。

なんとなく『ウォーターサーバーって電気代が高いんじゃない?』と思っていた方に、参考になれば幸いです。最近のウォーターサーバーの電気代は安いですよ。

関連記事あります
清水さん家のウォーターサーバー生活 HOMEに戻る